ハグルマの封筒で想いを表現できる|大切な人に届ける手紙

費用や効果を期待できる

ビニール袋

特徴を生かす

封筒には、紙製の封筒やビニールでできたOPP封筒があります。ダイレクトメールにはどちらの方がよいかと疑問に思う人も多いでしょう。紙製の封筒は中身が見えませんが、何が入っているのか確かめるために開封することがあります。しかし、実際にはOPP封筒の方が有利だといわれています。それは、透明で中身が見えることがポイントとなっているからです。ダイレクトメールを受け取った人に興味を持たせるワードなどを見せることで、開封率が上がるのです。コストの面から見ても、OPP封筒の方が有利です。まず、封筒そのものの価格が紙よりもOPPの方が安いのです。OPPは初めからテープが付いていますが、紙製封筒にはついていません。両面テープが付いていない紙製封筒だけなら、比べてみてもそれほど大きく単価は変わりません。しかし、紙製封筒に両面テープを付けると単価はOPP封筒の2倍になってしまうこともあります。また、紙製封筒に印刷をするのは、一枚の紙に印刷するよりも費用が高くなることもあります。そのため、コストに重点を置くとOPP封筒の方が良いといえるのです。また、OPPは印刷をすることもできます。印刷代も紙製封筒にするよりも、OPPにした方が安いのです。安いといっても印刷方法を選ぶことができ、グラビア印刷の場合は素材が透明である点を生かした印刷ができます。しかし、版代が高額になることもあります。OPP封筒は紙製封筒に比べて費用がかからないことや、透明である点を生かした宣伝効果を期待できるメリットがあります。